家探し



人によって苦労は様々です。

その1 うちは自分でやるのは家を決めるところだけなので、 契約やお金関係については全部会社。
フランスの会社で、 引越しにかかるさまざまなことをサポートしてくれるんです。
英語がしゃべれる人や、さらに日本語がしゃべれる人まで つけてくれます。
その2 フランス語がさっぱりなのに、家探しをするのはとても大変で、 (不動産屋の人にフランス語の話せる人を連れて来い、
と言われてます) それほど見てはいないのですが、もう前回下見したところに 決め様と思っています。
その3 インターネットサイト(希望地の郵便番号を入力すると物件が出てくる。英語版もあり)を利用し、
4件ほど抜粋してアパート探しをしました。
運良く、4軒とも英語を話すレンタル係りの方がいて、スムーズに 見学ができたそうです。


SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO