ホームに戻る
 

  フランス語を身につけたい方へ!英語も一緒にマスターできる教材あります☆
聞き流すだけでフランス語と英語が同時に身につくなんていいと思いませんか?
フランスにいたって、英語が必要なのは誰でも身にしみているはず。
←詳細はこのロゴをクリックしてみてください!

アイロンと洗濯について


アイロンと洗濯時の服の折り目

アイロンについて質問させてください。
アイロンをかけると、その蒸気からものすごい量の 白い粉(砂と言ったほうが近いかも)が出ます。
アイロンをかけた後は床を掃除機掛けしないと、 ざらざらして大変なことになります。 これはカルキなのでしょうか?
一応アイロン自体にカルキ防止機能はついていて、 水もブリタでろ過したものを使っています。
皆さんのアイロンはどうですか?

ズボンを洗うと、ひび割れのような折り目というかしわのようなものがついて、 アイロンをかけても取れません。
干すときに丹念に伸ばしているつりなのですが、 日に日にそのしわは増え、なんだかボロボロのズボンに見えてきました。
皆さんはこのようなご経験ありませんか?
ちなみに洗剤は液体を使用、カルキ防止剤はタブレットを使用していますが、ためしに入れないで洗濯機を回しても同じ結果でした。 どうしてなのでしょうか?
回答1

私も、ズボンじゃないけどスカートで同じように折り目みたいなのついたことがあります。
でもそれ一枚だけど、他の服はならないので、そのズボンの材質が問題じゃないでしょうか?と思うのですが、、、

アイロンの粉。それは水に入っているカルシウムですね。
アイロンの水は、特別にカルシウムを抜いて精製した、アイロン用に水を使わないと、すぐアイロンがだめになっちゃうんですよ。カルシウム防止機能が付いているアイロンもありますが、はっきりいってそんなに機能しません。
アイロンや、スチーム等は必ずアイロン用の水を使うことをお勧めします!

回答2

あー だからフランスってアイロン用の水が売ってるんだ!
これでなっとく、、☆

回答3

フランスの水って!と思う瞬間ですよね。 アイロン使っているとき。
うちは浄水器をつけていて、かなりの軟水なのに、やっぱりアイロンにはカルキたまります。
でも、不思議なんですが、湯沸かしはこの10年カルキがついたことないんですよ。
不思議!なんででしょう?
飲み水用にさらにFONTAINEをつけているからやっぱりそれが違うんでしょうか?
それにしても、この水クセモノですよねー。
なんでも水のせいにしたくなることも多々です。笑






SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO