小麦粉について
日本とフランスの小麦粉は小麦の種類が違います。

日本の薄力粉、強力粉は、実は小麦の種類が違うのです。 フランスの場
合は、薄力粉、強力粉という分け方ではなく同じ種類の小麦の挽き方の
違いでtype45、type55等と表示し販売しています。一般的にtype45が薄力粉、type55が強力粉と考えていいようです。 お好み焼きやケーキはtype45を使っています。 パンを焼くときはtype45と55を適当に混ぜて使っています。 type55だけだと今ひとつです。 BIOのお店に行くと65以上のものも売っていますので、お好みで混ぜて使うとよいでしょう。

お好み焼きについて一言アドバイス フランスのキャベツは固いのでフードプロセッサーで細かくして大量 に入れます。 それに卵の量も少し増やすと、表面パリッと中はサクサクの美味しいのができま す。




SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO